南信の人気店が松本に 【タイ家庭料理 タイト(松本市)】


11月24日。カレー食べたいモードの相棒と松本の街へ

「イベントに出演した時に一緒になった人にタイ家庭料理の店を教えてもらったから行ってみよう」といわれ、天神小路を東へ進んでいきました。
相棒によると、南信・中川村の「ティンの店」、飯田市の「サバーイサバーイ」の姉妹店として松本に進出したのだとか。
この近くで仕事をしていた10年ちょっと前には、松本でタイ料理の店なんて考えられなかったと思うと、時代は変わったと思うばかりです。

等身大のサワディ人形がいたり、パネルにタイビールと象が同居していたりと、外観のカオスさからしてタイ。
「とりかけごはんって、ガパオのこと?」
おすすめメニューの表記に、思わず力が抜けました。

入り口を入って目の前に、カウンターで4席。
右側にテーブル席、小上がりと続きます。

オープンは今年6月。
タウン誌の紹介記事が置いてありました。

1品1品の写真を大きめに使ったメニュー。
カテゴリーに分かれているのも分かりやすいです。
チャーハンとか、ぶっかけご飯の類が充実しているみたい。

このあたりはディナータイム向けかな?

カレーモードの相棒は、もう1冊のクリアファイルを開いて即決。

壁にも限定メニューがはられています。

それにしても「タイト」だなんて、あまりタイ料理屋っぽくない店の名だと感じていたのですが、

つまようじ入れを見て納得。
店主が泰人さんだから「タイト」というわけです(読みかたは「やすと」のようですが)

■タイカレーセット(1,000円)
グリーンカレー、タケノコカレー、野菜カレーを食べ比べできるセット。
ごはんがタイ米じゃないのが残念です。
とくに辛さを追加したわけでもないのに、タイで食べたモノよりもスパイシー。
それ以上に塩気も強くて、信州人の味覚ってこんなにしょっぱかったかなぁと…^^;

■カーオ ナムプリッパオ(1,050円)
トムヤムペーストを使ったチャーハン。
チャーハン自体にそこそこ野菜が入っているところに、サラダをトッピングする盛り付け方が斬新です。
上にのっているのは、オムレツかな。

干しエビの香りがトムヤムペーストとマッチして、初めてだけど親しみのもてる味。
同じジャポニカ米なら、カレーよりはチャーハンで正解だったように思います。

松本平でタイ料理が食べられる店が増えてきたのは、ありがたいこと。
でも、そろそろ上田のリトルタイが恋しくなってきたなぁ…(笑)

★タイ家庭料理 タイト

松本市深志2-6-14
0263(87)1517
午前11時~午後2時30分、午後5時~午後10時
木曜定休

タイ家庭料理 タイト
ジャンル:エスニック料理
アクセス:連絡バス(松本空港-松本)松本駅 徒歩5分
住所:〒390-0815 長野県松本市深志2-6-14(地図
周辺のお店のネット予約:
和食そば処 たかぎのコース一覧
魚民 南松本駅前店のコース一覧
居楽屋白木屋 松本東口駅店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 松本×アジア・エスニック料理
情報掲載日:2018年12月22日