「予定ハ決定デハナイ」の瀬戸内旅 3章7節「桃太郎の多角経営(笑) 空港編」


9月2日。荷物を取りに行き、空港へ移動です

岡山駅西口の待合所でチケットを買い、

11時発のリムジンバスに乗りこみます。
空港までは760円。
ほぼ満席で、荷物が乗り切らない中華系の観光客は次の便に回されていました。

バスの中では、前の晩にコンビニで買って飲そこなったプレミアム酎ハイを。

空港も桃太郎。

岡山弁で促されて荷物を預けます。

時間があまりないけれど、ギリギリまで岡山グルメを食べるべく2階のレストランへ直行しました。

店内は、昭和な時代の高級洋食店のイメージです。

■デミカツ丼(1,000円)
相棒はデミカツ丼。
千切りキャベツの上に大きめのカツがのっています。

デミグラスソースのしっかり味に合わせてか、カツ自体は脂少なめで衣も薄めです。
「コレはコレでオイシイけれど、個人的には味噌カツのほうが好きだな」と相棒。
ワタクシも丼よりはカツサンドでいただきたい。

■ホルモンうどん(1,000円)
前回、大学時代の友人を訪れた時にも、この店でこの品をあわただしく食べたコトを思い出しました。

柔らかめのうどんとクニクニしたホルモンの食感の対比が楽しい。
抑えめの味噌ベースの味付けを紅ショウガが引き締めてくれます。

その後、ラウンジに立ち寄る時間もなく搭乗待合室へ。

搭乗案内も桃。

タグ車にはられた「がんばろう岡山」のメッセージをかみしめながら、シャッターを切りました。
次に訪れる時には、街も人のココロも水害以前のように戻っていますように…。

JAL236便は、羽田上空の混雑のために多少遅れて離陸。
今回も盛りだくさんだったなぁと、旅を振り返ります。

到着すると、まさかの沖止め。
久々のバスは普段見下ろすばかりの機体を間近で見上げることもでき、得した気分になったのでした。

★岡電バス 空港リムジン

岡山駅西口~岡山桃太郎空港
大人760円、小人380円
所要時間約30分
http://www.okayama-kido.co.jp/bus/kuukou.html

★岡山桃太郎空港

岡山市北区日応寺1277
https://www.okayama-airport.org/

★レストラン シャロン

岡山市北区日応寺1277 岡山桃太郎空港ターミナルビル2F
086(294)4107
午前6時15分~午後1時30分、午後3時~午後8時
https://www.okayama-airport.org/shop/1519
http://www.chalon.co.jp/original4.html