初ステージに向けての決起集会は、和のコースと日本酒で 【和食 あかざわ(甲府市)】


9月17日。今回のワークショップ後はスペシャルです

2週間後となった初ステージに向けての決起集会と、今月バースデーを迎えるリーダーのお祝いを兼ねて、主宰のOさんがステキな店を手配してくださいました。

和の庭を通って行った先に入り口が。
「知る人ぞ知る隠れ家」といった感じでワクワクします。

個室に入ると和モダンな長テーブルが2列でセットされていました。
この日の出席者は、甲府+新宿・町田などからの助っ人でおよそ25人。
見知った顔で固まらず、シャッフルして座ったほうがいいだろうと様子見していましたが、「奥から座って」と促されちゃいました。

テーブルの上に用意されたお品書き。
全9品3,800円のコースです。
地元甲州をはじめ、太平洋、日本海、さらにはイタリアまでと、食材の仕入れ先も各地に及んでいます。

飲み物もビール、サワーから、甲州ワイン、スパークリング、日本酒まで。
「利き酒セットだって!」
ラインナップの中には稀少性のあるモノもあり、呑兵衛たちの目が輝いたのが見てとれました。

乾杯の発声はゆーだいさん。
「当日は楽しんで歌いましょう!」とグラスを重ねます。

■先付 焼き胡麻豆富 増富収穫天然きのこ餡で
生麩のようなモッチリとした舌触りとゴマの香りにタメ息が出ます。
醤油を抑えたきのこ餡からは、ゆずの香りも。
いろんな食感と風味が重なり合って生み出す魅力は、ハーモニーと通じるところがあるってことかな。

■揚物 富山の白海老唐揚げで 県産秋野菜
サクサクとした軽い衣がなんとも上品。
白エビの香ばしさがしっかり感じられます。
塩とブレンドされた和歌山産ぶどう山椒の香りがまた酔いんです。

■お凌 しらす山椒の飯蒸し「かねふく」明太子の塩気で
蒸したてアツアツの味付のもち米をしらす山椒と明太子で。
「細かいしらすだねぇ」と、思わず見入ってしまいます。
明太子は思ったより量があって、これだけ別皿にとっておつまみにしたかったくらい。

おつまみといえば、コチラの一角では日本酒の利き酒で盛り上がり始めましたよ。

左から山形の「十四代」、三重の「作(ざく)」、福岡の「繁桝」、石川の「手取川」

ワタクシの目の前でも「十四代」の別の品がオーダーされました。
「龍の落とし子」という名前も、切り子のグラスもステキ。
フルーティーでお酒らしさを感じさせない危険な1杯です。

■造里 御前崎から鰹たたきで 福井のたこ 辛子酢味噌で
厚手なタコの歯切れのよさに感心。
カツオのたたきも血なまぐささをまったく感じさせません。
スダチを絞ると、さらにスッキリ。

■蒸物 「名物」黒トリュフとフォアグラの茶碗蒸し
利き酒にも登場した「十四代」で酒蒸しにした、イタリア産フォアグラが特色。
ちりばめられた黒トリュフもいい香りです。
フォアグラというともっと動物くさいんじゃないかと思ったけれど、日本酒の力でマイルドになっている気がします。

ザックリ混ぜていただきます。
コックリとしたまろやかさは、確かにイタリア産モッツァレラチーズ!
こんな組み合わせ、凡人には絶対に考えつきません。

■替鉢 京丸茄子の田楽 甲州牛そぼろ味噌と無花果味噌で
鮮やかな紫紺のナスの上に2種類の味噌をトッピング。
赤味噌ベースの甲州牛そぼろ味噌には、チーズを削ってコクをプラスしています。
こりゃぁ、日本酒に合いそうですわ。

というわけで

■白隠正宗 きもと造り(750円)
米の旨味を味わえるとのことで、静岡の地酒をお燗で。
静岡は身延線で甲府とつながっていますしね。
まろやかで甘めだけれど、こういうタイプも好き。

■九頭龍 純米(850円)
コチラは相棒が頼んだ、福井の地酒。
白いおちょこだと、ほんのり黄色味がかかっているのが分かります。

入り口に近い一角でも、日本酒の利き酒が。
この若いお姉さんがおかみさんだと聞いて、またビックリ!

利き酒は注文ごとに違う組み合わせを用意しているとのこと。
「十四代」も、今度は無濾過です。
ワタクシは生原酒らしいしっかりした味の「旦」か、焼酎っぽい香りのする「黒麓」ひやおろしが好みかな。

みんな上機嫌になったところで、リーダーのお祝いタイム。
現地に着いてからOさんにウクレレとコード譜を渡されるというむちゃ振りも、相棒はそれはそれで楽しんでいたみたいです。
にしてもリーダーは、自分のバースデーソングも自分で振らずにはいられないのね(笑)

甲府メンバーからのプレゼント贈呈も。

■食事 鯛と浜名湖産新海苔の土鍋炊き込みご飯
■止椀 赤だし仕立て
イワナの炊き込みご飯はウチでもしばしばつくるとはいえ、香りの豊かさが違います。
甲府も赤だしの文化圏なの?

■水菓子 県産巨峰のジェラート
白金台にある店から取り寄せたというお品。
「逆輸入みたいなモノ?」と笑ったけれど、これほどに果実そのものの味でつくれる店は、そうそうあるわけではないのかもしれません。

繊細な和食と種類豊富な日本酒でココロ豊かになれた決起集会。
本番はベーコンとビールでワイルドにいきますぜ!

★和食 あかざわ

甲府市宝2-19-4
055(269)6595
午前11時~午後2時、午後5時30分~午後10時(昼は完全予約制、夜は予約優先)
月曜定休
http://washoku-akazawa.com/

和食 あかざわ
ジャンル:小料理
アクセス:JR中央本線(東京-塩尻)甲府駅南口 徒歩15分
住所:〒400-0034 山梨県甲府市宝2-19-4(地図
周辺のお店のネット予約:
アッ!そうだステーキ 甲府駅前店のコース一覧
Hops And Herbsのコース一覧
個室居酒屋 四季彩 ‐Shikisai‐ 甲府店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 甲府×小料理
情報掲載日:2018年9月24日