18きっぷ+αで東京湾1周 その5「駅ナカで一杯」 【IMADEYA 千葉エキナカ店(千葉市)】

8月16日。東京湾1周のゴールも目前です

新橋を出発してから7時間強。
グルリと回って、千葉駅に降り立ちました。

目的地を千葉駅にした理由は、コチラのお店。

ルート上で昼飲みができるところを探していたら、駅ナカの立ち飲みに行きついたのです。
千葉駅は比較的最近リニューアルされたと聞いていましたが、こんな酔いところがあるなんてウラヤマシイ。

ココまではひたすらビールでしたが、千葉の地酒も試してみたい。
と思ったら、飲み比べがあるじゃありませんか♪
Standardは千葉一択。
一方、High Selectionがなかなか決められません。
「大吟醸じゃないのがいいんですが…」
そういうと、京都のお酒を勧めてくれました。

店のキャパは10数人といったところ。
カウンター席は、立ちでも座ってでもいけるようです。
樽のテーブルは、3~4人で囲むのによさそう。

カウンターの上に横たわるオリジナル芋焼酎の樽を見て、コレにすればよかったかなと。
まぁ、改めて飲みに来ればいいか(笑)

■飲み比べセット(700円)
左から千葉の「鳴海(なるか)」、広島の「あきつかぜ」、京都の「澤屋まつもと」
「鳴海」の芯のある味の後には、「あきつかぜ」も「澤屋まつもと」も、水のよう。
でも、ふた口三口と飲み進むうちに「あきつかぜ」も魚介と相性がいいんじゃないかと感じました。

メニューを開いて、おつまみを見つくろいましょう。

甘酒を使ったスムージーやネーミングがかわいらしいサワーは、お酒に強くない女子にも敷居が低そう。

フードメニューもどことなくオサレです。

■わかさぎフリット ジェノバ風(300円)
フードメニュー切り替えのために売り切れも少なくなかったなかでの、手ごろな魚介モノ。
オリーブオイルとバジルでスナック感覚でいただけます。
300円という値段に対して、量もなかなか良心的。

今回飲んだなかで一番気に入ったのは、相棒が頼んだ、新潟の「八海山」(500円)を含めても千葉。
武骨というのか、洗練されていないというのか、焼酎に近い味にホッとしました。

結局、自分の好みは焼酎かいっ(爆)

★IMADEYA 千葉エキナカ店

千葉市中央区新千葉1-1-1 JR千葉駅3F改札内
043(306)2133
午前11時~午後11時
無休
https://www.facebook.com/imadeya.chiba.ekinaka/

IMADEYA 千葉エキナカ店
IMADEYA 千葉エキナカ店
ジャンル:立ち飲みバル
住所:〒260-0031 千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエJR千葉エキナカ3F S314(地図
周辺のお店のネット予約:
イタリアン酒場 e’vita (エ・ビータ)のコース一覧
木村屋本店 千葉駅前のコース一覧
謝朋殿 幕張店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 千葉駅・蘇我×スペインバル・イタリアンバール
情報掲載日:2018年9月9日