2018春 マイルでちょっくら食いだおれてくる! 4章4節「JL816便で関空へ」

3月20日。12:30に搭乗が始まりました

さっきまでの激しい雨も上がったようです。

座席は、行きと同じく最後列の通路側。
窓の外は見えないし、疲れていたしで、寝ていくだけの消化試合を決め込みます。

ワゴンの音で目を覚ますと、九州上空。

関空まで2時間弱の短いフライトなので、空姐も慌ただしそう。
行きに比べると、最後列に機内食が行きわたるまでスムーズだったように思います。

メーンプレートは、炊き込みご飯ハンバーグ温野菜
ハンバーグは胸焼けするし、ブロッコリーのぐずぐずには苦笑いするしかできず…。
ひと昔、いや、ふた昔前の機内食かと思ってしまいました。
カップ入りのサラダも、海藻っぽい苦めの葉物野菜が入って不思議な味。
白キクラゲとキュウリの和え物(苦手なキュウリはすべて選り分けました)を混ぜたら、いくらかまともになりました。
パンナコッタは、カラメルが苦いのがありがたい。

台湾のフツーのご飯に比べると、機内食は雲泥の差。
日本食を意識してそばなんか付けてくれなくていいから、魯肉飯とか便當とか出してくれないかな~。

コーヒーも、紅茶も、回ってきたタイミングを逃してしまい、珍しく緑茶。
ゴクッと飲み干し、再び眠りにつきました。