2018春 マイルでちょっくら食いだおれてくる! 4章3節「JAL桃園機場貴賓室」

3月20日。10:10には桃園國際機場に着いてしまいました

台北から30分ちょっとしかかからないとなれば、市内でできることがひとつ増えるんじゃないかと。
地下のフードコートを眺めて時間調整をしてからチェックインしました。

さっさと中へ入ってしまいます。

ラウンジがあるのは、D6搭乗口の近く。
前回まで「龍騰貴賓室」だったのが、「JAL桃園機場貴賓室」になっていました。

窓の外はかなりの本降り。
こんなに人が少ないのは、フライトのない時間帯だからでしょう。

奥の部屋なんて、誰もいないくらいです。

マッサージチェアで爆睡したいところでしたが、ネット不通で各所への連絡が滞っていたので、電源席へ。
となれば、飲み食いしちゃいますよね^^

ハードリカーは、ウオッカ、ウイスキー、ジン、焼酎。
赤ワインは室温、白ワインは氷で冷やして。

冷ケースは写真に収めませんでしたが、ビール、コーラ、炭酸水などの缶飲料やジュース類、デザート、フルーツが入ったモノが1台。
もう1台には、いなりずしとサンドイッチ、おにぎりがありました。

おでん。
滷味屋台と違って、インスタント麺はありません(笑)

ビーフカレーとご飯。
みそ汁とスープの電鍋もありました。

点心があるのは、さすが中華圏です。
肉まんにチャーシューまん、シイタケ焼売に海老焼売。
全種類がこれだけそろっている状態は、今までになかったかも。

ホットミールは、豚肉とショウガの炒め、宮保鶏丁、ブロッコリーの炒め。
炒め物に千切りショウガがたっぷり入っているのが、うれしくなります。

安心してください、炭水化物もありますよ。
南瓜入りの炒米粉がなかなかいけるのです。

というわけで、機内食に差し支えないよう控えめに。

臺灣啤酒が空いたところで、白ワインに切り替えます。
チャーハンなんて食べたら、お腹にたまってしまうというのに(爆)

大阪便の搭乗時刻まで1時間を切り、人もだいぶ増えてきました。
搭乗口が少し離れているので、余裕を持って移動できるようにしておきましょう。

★JAL桃園機場貴賓室

桃園市大園區航站南路9號 第二航廈
https://www.jal.co.jp/inter/service/lounge/tpe/