2018春 マイルでちょっくら食いだおれてくる! 1章7節「エミさんのライブを聴きに」

旅行前、このイベントを見つけたのは、導きというほかありませんでした

一時期通っていたチャーチでお世話になっていたエミさんを訪ねて堺の教会へ足を運んだのは、おととしの春のこと。
その後、自身が主宰する音楽スクールで指導したり、さまざまなイベントやコンサートに出演したりと、音楽の場で活躍するのをFacebookで拝見していました。
しかも、相棒の音楽仲間が進学先の昭和音大で彼女のレッスンを受けているというのも驚くべき縁。
久しぶりにエミさんにお会いしたいー。
そう思ってはいましたが、まさかレコ発ライブが自分が大阪にいるタイミングで行われるだなんて。

黒門市場の銭湯でひとっ風呂浴びたあと、堺筋線でふた駅。
動物園前駅から新今宮駅へと歩きながら、安宿に泊まったディープな旅を懐かしく思い出します。

ダイレクトに関空へ行くなら南海のほうが安いのですが、今回利用するのはJR。
まったく違う方面へ行く列車が同じホームに入って来るのが分かりづらいと思いましたが、そう感じるのはワタクシだけではないようです。

奈良方面行きの列車を2本見送って、17:09の関空快速に乗りこみます。

スーツケースを持った人でごった返す関空快速に比べると、三国ヶ丘から乗り換えた阪和線の各駅停車はガラガラ。
2-1シートとあって、広々しています。

津久野駅からは南海バスの特81系統で八田北町(はんだきたちょう)へ。
案内板の近くで待っていたら、乗ろうとしていたバスが目の前を通っていくのが見えました。
うわぁ、乗ります乗ります!
4番乗り場がロータリーの出口付近だったとは、うっかりしていました。
ICカードが使えないバスに乗るのも久しぶり。

そして、2年ぶりに堺シオン福音教会へとやって来ました。

アルバムのリード曲「BLOSSOM」で幕を開けたライブは、1曲目から釘づけでした。
伸びやかで表現力に満ちた歌声に、信仰がベースにあるからこその説得力。
一方で、ゴスペルを歌うということを改めて考えさせられる時間でもありました。

伝えたいことや思い入れにあふれてMCが長くなり、ご主人である谷口牧師から巻きが入るほど。
終演後、ゆっくりお話もしたいところでしたが、たくさんの人に囲まれているのと、帰りのバスの時間が気になるのとで、早々においとまするに至りました。
わずかな時間ながらうれしく心強いハグとお祈り、感謝です!

★堺シオン福音教会

堺市中区堀上町575-5
072(279)1059
http://sakaizion.wixsite.com/sakai-zion-church
https://www.facebook.com/sakaizion/

★白鞘慧海 公式ウェブサイト

Home