都電荒川線の旅、ふたたび おまけ2「町屋歩き」

2月11日。まだまだ食べたい町屋の街。腹ごなしがてらあたりを散策します

荒川自然公園。
下水処理施設の上に造成された公園は、新宿区の落合中央公園に次いで都内で2番目なのだとか。

京成線のガードに近い側は交通園になっていて、子どもたちが自転車や一輪車の練習をしていました。
「信号無視をしないでください」と、監視員の声。
都会の子は、こういうところで交通マナーを学ぶのでしょうか。

テニスコートの先にはスカイツリーが見えます。

公園を出て、ブラックフォーマルを着た人が目につくと思ったら、近くに斎場が。
祝日もフル稼働です。

和菓子屋さんの草餅や、おせんべい屋さんのひなあられに春を感じ、

台湾の街角で見かけるような、お惣菜を売る露店を見つけてうれしくなります。

銭湯のある街は、よい街です。

庶民派スーパーがあるのも重要!

気になるお店を見つけてはカメラに収めます。

街の喫茶店といった感じのカフェ。
土日祝のメニューはモーニングだけというユルさがまたイイ。

たこ焼きとタイ料理のコラボなんて、見たことない!

快進撃を続ける「晩杯屋」も、昨年12月にオープン。

「家へ帰ったら何もないぞ!!」の看板がキョーレツなインパクトです。
しかも、中ジョッキ290円は安い。

そんなこんなで歩き回ったものの、期待に反してお腹は空いてくれず、2軒目は断念。
結局、ディスカウントスーパーと100円LAWSONで食材を買っただけで、町屋遠征は幕を閉じたのでした(苦笑)

★荒川自然公園

荒川区荒川8-25-3
03(3803)4042
http://arakawasizen-koen.com/

★町屋斎場

荒川区町屋1-23-4
03(3892)0311
http://www.tokyohakuzen.co.jp/funeralhall/machiya.html